【大阪:サイクリングロード】ロードバイクで北河内サイクルラインを徹底調査!

サイクリングロード








こんにちは!マッチョに憧れるマッチョ☆ライダーです(⌒-⌒; )
今回は大阪北部にある超ロングコースで有名な「北河内サイクルライン」の徹底調査を行ってまいりましたのでご紹介していきたいと思います〜(๑>◡<๑)

サイクリングロードって?

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーティな自転車って今まで乗ってきたママチャリと比べるとは違いビュンビュンスピードが出るんですよねー(*^◯^*)

ただ一般の道路には当然、自動車やバス、大型トラックなどが走っているので、自転車スレスレの所を大型トラックが通ろうものならそれは本当に恐怖なのです:(;゙゚’ω゚’):

そんな我らが自転車乗りの味方となってくれるのが自転車の専用道路「サイクリングロード」または「サイクルライン」なんですねー!

大阪のサイクリングロードのご紹介

大阪にある主要なサイクリングロード

  • 北大阪サイクルライン(全長20.1km)
  • 北河内サイクルライン(全長45.5km)
  • 南河内サイクルライン(全長21.1km)
  • なにわ自動車道(全長21.6km)

北河内サイクルライン

今回、私が実際にロードバイクで走行し調査してきましたのは「北河内サイクルライン」です!

北河内サイクルライン
「北河内サイクルライン」は、鶴見緑地を起点にして大阪中央環状線の自歩道や淀川・穂谷川の河川敷及び第二京阪道路を利用して、再び鶴見緑地に戻る45.5kmの周遊自転車道として計画したものです。

※大阪府ホームページより引用しております

持ち物リスト

恒例の出発前準備です!自転車乗り始めの頃は必ず何か忘れるので指差し確認は必須です(笑)

サイクリングにこれだけは忘れちゃダメリスト6点

  • ヘルメット
  • グローブ
  • お金(財布)
  • ケータイ
  • 鍵(チェーンロックなど)
  • アイウエア(サングラス)
私はこれ以外にも持ち物はありますが上記6点さえあればいざという時には何とかなると思いますよ!(๑>◡<๑)
私は大阪市南部在住の為、内環状線を北上してスタート地点に向かいます。約15キロほど走ると鶴見緑地の咲くやこの花館が見えてきましたー!

咲くやこの花館が見えてきました!

北河内サイクルラインの起点(スタート地点)です

起点を記した標識をキョロキョロと探していると、、ありましたっ!

スタート地点の目印発見!

起点の位置はだいたいこの辺り(●印)となりますよ〜

さて、北河内サイクルラインは周回コースですので右左どちら回りでもいいのですが、スタート地点からご覧のような気持ち良さそうな自転車専用道路が見えているので左回り(反時計回り)で行ってみたいと思います!

自転車レーンと歩行者レーンがあります

予めガーミン(サイクルコンピューター)に北河内サイクルラインのコースをインストールしていたのでナビゲーションをセットしいよいよスタートです!

ガーミンのナビをセット!

第2京阪道路コース(約16km)

北河内サイクルラインを左回り(反時計回り)でスタートした場合、最初は第2京阪道路の脇に延々と続く歩行者自転車専用道路を進んでいきます。
一般車道もありますが、ここは交通ルールに従い自転車専用道路を走行します。

一般車道と並行して自転車専用道路がありますね

画像では分かりにくいですが多少のアップダウンはありますが貧脚の私でも許容できる範囲です(笑)

緩やかですがしっかり登ってますw

しばらく走っているとあることに気付きました。。

なんや自転車道路の横の一般道に車がほとんど走ってへんやんかぁ。。

そうなんです。実は第2京阪道路には一般車道のその横に更に本線である車道があるのです。なので大半の車は複数車線がある本線を走行している為、この自転車専用道路の横の一般車道にはほとんど車が走っていないのですねー!

自転車で一般道は走らんとはいえ車が走ってないってだけでめちゃくちゃ気持ちえーなー!
てな気分にさせてくれます(笑)

しばらく進むと行き止まりの道路表示が出てきましたのでコースの標識などの目印を探しているとありましたありました!

突き当たりに線路がある為、このように高架を登って線路を越えていきます

行き止まりの道路標識です

約16キロほど第2京阪道路を走るとコース初めての曲がり角に到着します。

「津田北町3」と書かれた標識が目印です

ここを行き過ぎるとコースから大幅に外れてしまうので注意してくださいね!

今日はいい天気なんですが気温も30度近くまで上がって少し疲れたので小休止です。

小休止です♩

曲がり角を進み100メートルほど進むと左手にローソンが見えてきますので、今度はここの「津田山手」交差点の信号を右折します。右手には橋が見えます。

「津田山手」交差点を右折です

穂高川コース(約8km)

橋の上から穂高川が見えました。ここからが穂高川の河川敷コースとなります。

穂高川を橋の上から見下ろします

穂高川の横を走る一般道を走っていると所々で川からコースが離れていってしまいますが、ここで説明しても正直覚えられないと思いますので割愛させていただきます・・(^◇^;)

ですが、穂高川さえはなれなければコースから外れてしまう事はありません!

穂高川にしがみつくんやで!(笑)

穂高川沿いのコースは細めのコースが続きますが、歩行者やサイクリストが少ない為、快適に走行できますよー!

穂高川河川敷コースです

穂高川コースを2キロ走りコースなりに進むと自然に山田池公園に到着しました。ここでも穂高川の位置は頭の中でなんとなく把握しておいてくださいね!

山田池公園の敷地内コースです

人生初の山田池公園でパチリ。山田池ってめちゃくちゃデカい池なんですね〜!あたりにも緑が沢山あって癒されますー(๑>◡<๑)

山田池にて

しばらく山田池公園を進むと出口が見えてきます。ここを出ておかないと山田池公園をひたすらグルグルと回ってしまいます。

山田池公園出口です!

引き続き穂高川の脇を走行します。でもほんとこのコースは不思議と自転車も歩行者も少ないでですね。

引き続き穂高川の河川敷を走ります♩

穂高川コースを約8キロほど走ると、自然に淀川コースに入っていくようですねー

淀川の広大な河川敷が目の前に広がります!

淀川河川敷コース

淀川の左岸(大阪市側)を海に向かって走ります。いつもは河川敷の下にあるコースを走っているのですが、穂高川からは河川敷の上のコースに繋がっているので今日はそのまま走り続けます。

今日は河川敷の上の道をはしりますー

以前にもご紹介しましたが淀川の河川敷コースは道幅が広く走りやすいのですねー!でも歩行者やサイクリストもたくさんいるので十分気を付けて走行しましょうね〜

【大阪・京都:サイクリングロード】ロードバイクで背割堤の新緑スポットを満喫!

2018年4月30日

正面にこの様な形の橋(鳥飼大橋)が見えてきましたら河川敷の上のコースに登っておいてください。下のコースだとアンダーパスで橋の下を通過してしまいますよー(^_^;)

鳥飼大橋です!

鳥飼大橋の少し手前にある左の道を下っていきます。

左の道を下っていきます

下りたところを左折し大阪中央環状線コースに入っていきます。いよいよゴールが近づいてきました。

ゲートを出てすぐに左折です

大阪中央環状線コース(約5km)

ここから中央環状線コースを走行します。このコースは一般道となりますので走行には注意しなくてはなりません。個人的にはおススメできないコースです。なのですみませんが画像もありません・・(^_^;)

終点(ゴール)!!

しばらく走ると数時間前に出発したスタート地点でもあるゴール地点が見えてきました!(笑)

ゴールです!

総距離約45kmでけっしてロングライドと呼べる距離ではないのですが、初めて走るコースだからなのか、なんとなーくロングライド感を味わえました。。(^◇^;)

この日の走行記録

平均

最高

走行距離

81.35km

移動タイム

3時間42

獲得高度

320m

スピード

22.0km/

47.9km/

心拍数

110bpm

157bpm

ケイデンス

71

102

カロリー

1,334

温度

29℃

経過タイム

5:46:51

この記事のまとめ

今回は北河内サイクルラインのご紹介をいたしました。
第2京阪道路をスタートし閑静な住宅街沿いの自転車専用道路は、車の数も少なく快適なライドを楽しめましたよー!

穂谷川沿いは少しだけ複雑で油断しているとルートから外れてしまう事もあるので注意が必要です!後半の淀川沿いのコースは道幅も広くこちらはとても快適な走りができましたっ(*^◯^*)

ですが、最後の中央環状線は一般道で且つ車両の数も多く、直進できなくなる交差点(大日の交差点)などもあり正直オススメはできません。。(^◇^;)

サイクリング初心者の方でしたら左回り(反時計回り)で第2京浜から穂谷川を経由し淀川沿いのサイクリングコースまででしたら安心して走行できるかと思いますよ!!