【バイク】CB650R 初心者インプレ 加速や足つきは?!今後のカスタム計画も

インプレ、レビュー







こんにちは!マッチョ☆ライダーです。

今回はCB650Rが納車されて約1500キロを走ってみた感想をご紹介したいと思います。
※バイク初心者のインプレの為、参考程度に受け止めていただけると嬉しいです。

尚、同じ内容ですがバイクに乗りながら、モトブログ風に動画も撮ってみましたので、お好みの方でご覧いただければ幸いです。

CB650Rの良い点

では早速、良い点から。

足つきが良好

まずは気になる足つきです。私の身長は172cmで正直足は短めです(^_^;)

そんな私の足つき具合はギリギリベタ足の手前で踵が少し浮く程度です。

あとほんの少し足が長ければベタ足やったのに…(T . T)
CB650Rのシート高は810cmで決して低くはないのですがシート形状またはタンク形状のおかげなのか、同水準のシート高のバイクと比較しても優秀な足つきの部類だと思います。
これは女性にも向いているバイクかもしれないですね!

ライポジは軽く前傾でスポーティ

CB650Rのジャンルはネイキッド(細かくはスポーツネイキッド)なので、ライディングポジションは地面に対して体が垂直のイメージでした。

ですが思っていたより体は前傾しており、スポーツジャンルのバイクに近い感覚で乗る事ができます。

でもそこまでの前傾ポジションではないので長時間乗っても大丈夫なのです!

あと、インプレ動画ではご紹介できていないのですがこのスポーティなポジションは実はワインディング(峠道)でこそ真価を発揮するバイクなのではと思っております。

ワインディングが楽しい!

バイク専門家の様な説明はできませんが、バイク初心者の私が一言で表すと「バイク初心者でもしっかりバンク(バイクを傾ける事)できるバイク」なのです。

そうなんです。このバイク、私が経験した事のない角度でバンクさせても不思議と恐怖を感じないのです。
きっとホンダの技術力で初心者ライダーでも安心感を与えてくれる作りになっているのでしょうね!

さすがのホンダテクノロジー!

大型バイクのトルクがあって乗りやすい

加速については正直まだスロットルを全開にした事がない為、まだまだ計り知れない訳なのですが、一つ言えることは“今以上にこのバイクのスロットルを全開にする事があるのだろうか?というレベルの加速感は既に肌で感じ取っております。

もう少し乗り慣れてから危なくない範囲で頑張ってみたいと思います

トルクについてはさすがに大型バイクです。低い回転数から図太いトルクを感じとる事ができます。

ある程度の速度に達してから4速、5速にシフトをいれておけば、多少速度が落ちても図太いトルクで再び加速してくれます。

まるでビックスクーターや車のオートマ感覚で運転する事ができます。(面白いか面白くないかは別としてですが・・)

これが大型バイクの余裕ってヤツなのか…

灯火類(ライト)がLEDで視認性が良い

何にでも見た目から入る私がCB650Rの購入を決定付けてくれたのがこちら。なんと灯火類がオールLED製なのです!

LEDの充分な光量により夜間走行時の視認性が高いのはもちろん、日中であっても周りの車両からの視認性が高いので、安全性の向上にも繋がっているのではないでしょうか。

LEDの光り方って近未来的かつアピールも強めで個人的に好みなんですよね
※灯火類(LED)の動画はコチラ↓↓↓

実燃費25km/L程度

納車後1500キロほど走りましたが、実燃費は20km/L〜25km/Lでした。何となく及第点といったところでしょうか。

タンク容量が15Lなので計算上300kmは走ると思いますが、ガス欠してガソリンスタンドまでの手押しは絶対に嫌なので大体250kmを目安に給油する様にしております。

バイクを手押ししている姿ってたまに見かけるけどしんどそうですよね・・・

排気音が程よく大きく心地いい音

初めて聞いた時は本当に車検対応なの?ってぐらいビックリする音量でした。音質は実に気持ち良いサウンドで聞き慣れた今でも心が踊ります。

特に中低音がいい感じなんですよね

以前、奥伊吹山で開催された2りんかんのイベントブースでモリワキのショートエキゾーストの音が聞けたのですが、音量音質ともに純正マフラーと変わらないなぁと思いました。
※その時の様子はコチラ↓↓↓

よく注目される(笑)

理由はわからないのですが本当によく見ていただけます。特に小中学生に注目されがち(笑)

彼らは心が綺麗なのか遠慮なく露骨に見てくるのです(笑)

ヘッドライトが今までのバイクにない光り方をしているからなのかもしれませんね。

LEDヘッドライト

ハザードボタンが便利

意外と小型中型バイクには付いていないハザードボタンがとても便利です。

画像中央のグレーベースに赤い三角のボタンです

道を譲っていただいた時に手をあげてお礼をするのは片手運転になり少し危険ですよね。

そんな時サッとハザードランプを点滅させる事ができると安全かつ相手の方にも気持ちが伝わりやすくとってもスマートですよね!

CB650Rの悪い点

正直それほど悪い点は見当たらないのですが、あえて言うならばという項目をいくつかあげてみますね。

排気音が大きく近所が少し気になる

良い点でもあったマフラー音なのですが、音量が少し大きい為、早朝のアイドリング時はご近所さんが少し気になります。

対策としてはエンジンをかけると同時に1速のまま速度を上げずに住宅から離れた場所まで移動しアイドリングをしております。

シートが少し硬い

ロングライド時に長時間(1時間半〜2時間)座っていると少しお尻がヒリヒリしてきます。

ですが、映画館のようなふわふわの高級な椅子に座っていても、2時間も座っていると多少なりともお尻は痛くなってきますので、多少の痛みは当然なのかもしれませんね。

ときどきお尻を浮かして血流を良くするとお尻が回復しますよね〜

発売直後の為カスタムパーツが少ない

2019年3月に発売されたCB650R。海外先行発売の為、海外のメーカーからは沢山のカスタムパーツが発売されておりますが、国内メーカーからはまだ数える程度しか出ておりません。

海外通販で購入したとてバイク初心者の私では自分で取り付ける事が出来ない為、国内メーカーからの発売を心待ちにしている訳なのです。。

カスタムパーツ早く出して〜!

ちなみに現在、私が考えているカスタム計画(優先順)はこんな感じです。

  1. リアフェンダーレス化
  2. バーエンドミラー化
  3. マフラー(フルエキ)交換
  4. シュラウドカバー交換(黒色もしくはカーボン)
    さすがにカーボンは出ないかなぁ・・・

この記事のまとめ

今回はCB650Rの良い点、悪い点をご紹介いたしました。
ただ、まだ1500キロを乗っただけの感想ですのでこれから新たな気付きがあったら改めてご紹介していきたいと思います。

良い点
  • ライポジが軽く前傾でスポーティ
  • 大型バイクのトルクがあって乗りやすい
  • 灯火類(ライト)がLEDで視認性が良い
  • 実燃費25km/L程度
  • 排気音が程よく大きく心地いい音
  • よく注目される(笑)
  • ハザードボタンが便利
悪い点
  • 排気音が大きく近所が少し気になる
  • シートが少し硬いかも
  • 発売直後の為カスタムパーツが少ない
※インプレ動画はコチラ↓↓↓